世田谷、小さな勉強会、写真編

お花の写真を綺麗に撮る事は

そんなにやさしい事ではありません。

foto12.jpg

雑誌「花時間」などでおなじみの

プロカメラマンをお招きして

世田谷市場、小さな勉強会、写真教室

が開催された。

 

foto4.jpg

レフ版に当てて反射させる

foto1.jpg
直接向ける

foto2.jpg
反対に向ける

この三つの写真のライトの向きの違いを見ていただきたい

まわりの設定にもよるが

三番目が一番ソフトな明かりとなり

影が無く優しく見えます。

foto3.jpg

 

 

背面に明るさをもってくる

foto6.jpg

直接ライトを当てずに切込みから光が漏れる

foto5.jpg

 

暗い色調のもの

fot8.jpg

foto9.jpg
白が入っているだけに難しかった

 

さすがにプロのカメラマンは違っていた、、

自分なりにカレンダーの撮影などで

かなり現場を踏んでいる

おおよその見当はついているつもりであった

今 私も使っているデジタルカメラは

銀塩カメラとは

意識して違う設定をするほうが

花を綺麗に取る為には

手段としてはベターである事がわかった。

 

foto7.jpg

 

 

foto11.jpg 

 

foto10.jpg

 

室内撮影でその一番の秘訣

ISO400~800

明かりは直接当てないこと

言葉だけ記憶に残っているのは

花は暗くして撮れ

 

でした。

 

シニヤb

 

 

 

 

 

 

 

“世田谷、小さな勉強会、写真編” へのコメント [2件]

  1. タツノフラワー

    花は暗くして、ISO400~800ですか。
    全体像を撮るならば、遠くから、望遠気味で撮る方が、ゆがみが無く綺麗ですよね。
    望遠マクロが欲しいですね。

コメントを残す

shop

花が好き!人が好き!そして釣りが好き! 花の命は短くて、その短い命に思いを込めてお客様の心を伝えます。 桂 歌丸師匠(イメージキャラクター)と「粋な下町」のキャッチコピーで親しまれている 庶民の町 横浜橋通り商店街中央。お客様の笑顔がお花で飾れることを楽しみとして お花と取り組んでいます。 jy873@fine.ocn.ne.jp

[TEL] 045-242-8781
[FAX] 045-261-9877
[営業時間] 9:00~19:30
[定休日] 正月5日間、8月23,24,25日

横浜市南区真金町1-3
横浜地下鉄、阪東橋下車、 A1番、横浜橋通り商店街出口 より徒歩5分、 横浜橋通り商店街内ほぼ中央。